株式会社三好商会 | 経営の課題を経営資源の見直しで解決します。札幌でDX(デジタルトランスフォーメーション)のことならお任せください。

TOP>ナレッジ>『仕事は後回しにしない。何が起きるかわからないから』 経理:杉本裕美 〜シリーズ三好商会の社員~

MEMBERMIYOSHI STYLE

『仕事は後回しにしない。何が起きるかわからないから』 経理:杉本裕美 〜シリーズ三好商会の社員~

編集部

数字のパズルを解くように入金を処理する

遠藤
今回は、管理部経理課の杉本裕美(すぎもとひろみ)さんにお越しいただきました。
よろしくお願いします。

 

杉本
よろしくお願いします。

遠藤
まずは、現在担当している仕事について教えてください。

 

杉本
主に請求業務を担当しています。

 

遠藤
具体的に、どのような業務内容ですか?

 

杉本
ひと月の流れで言いますと、月初は末締めの請求書発行、それ以降は10日締め、15日締め、25日締めと請求書の発行が続きます。

その他に毎日の入金処理です。

個別に入金されるお客様がほとんどですが、ECサイト「カウネット」や「たのめーる」のように代理店専用WEBサイトで入金を確認するものあれば、金融機関による自動引き落としや複数事業所への請求が一括で入金になるケースもありますので、そうした全てを確認して入金金額の内訳明細を作成するのがメインの業務ですね。

遠藤
なんだか大変な仕事ですね…。一日何件くらいの入金処理があるものなんですか?

 

杉本

一番多いのが月末の入金で約200件。それに次ぐのが15日で約120~130件。20日で約50件。その他の日も10件前後はありますね。1件1件、お客様コードを調べてから請求金額と照合して処理します。

 

仕事がたてこむ月末を楽しみにしている

遠藤
そんなにたくさんの入金があるんですね。

 

杉本
そうなんですよ。でも大変ですけど面白い。(笑)

 

遠藤
え。面白いですか?

 

杉本
そこに、やりがいと達成感があるんです。

仕事は後回しにしない

遠藤
では、仕事をする上で大切にされていることはありますか?

 

杉本
「仕事は後回しにしない」ことですね。

 

遠藤
それは、どうしてですか?

 

杉本
自分自身に何が起きるかわからないじゃないですか。だから、常に先々の仕事を手掛けます。やれることはやっておきたいですからね。

 

遠藤
確かに。いつ見てもデスクで黙々と仕事をしているイメージです。

 

杉本
はい。パートタイムなので勤務時間も皆さんより少ないですから、わずかな時間でも次の仕事に取り掛かります。

遠藤
仕事に対する姿勢が素晴らしいですね。

 

杉本
だけど失敗もあって、ついつい先走って仕事を進めてしまって、2度同じ仕事をしてしまうこともありました。(笑)

 

遠藤
そんな失敗があっても、先々に仕事を進めるスタイルは変えてませんよね?(笑)

 

杉本
そうなんですよ。失敗した仕事とは別の仕事を進めています。(笑)

 

遠藤
さすがですね。もう仕事を進めずにはいられないんですね?仕事以外でもそんな傾向はありますか?

 

杉本
ありますよ。せっかちなんです。(笑)

 

遠藤
自覚ありですか。さすがです。(笑)

インタビューには、明るくにこやかに答えていただいた杉本さんでしたが、「実は悩みがあって」と話してくださったのが、基幹業務システムの移管について。なかなか新しいことが頭に入ってこなくて困ってますということでした。

 

とは言え、複雑な業務を完璧にこなすくらい頭の中にぎっしりとノウハウが詰まっていて、仕事への姿勢も堅実派。新しいことも順を追って確実に理解することは間違いないでしょう。

 

上司からの信頼も厚いので経理課のデジタル化にも貢献してくれると思います。

今後のご活躍も期待しています。

このサービスのその他の情報

CASE STUDIES 導入事例のご紹介

EVENT / SEMINAR DXの最前線がここにあります

diagnosis まずはDX診断! 課題の可視化から。

いくつかの簡単な設問に答えるだけで、あなたの会社のDX化状況がひと目で分かる、DX診断ツールです。診断結果に応じて、必要なナレッジを学ぶこともできます。

  • たった3分。項目をチェックするだけ!

  • DXに必要な経営資源が可視化されます!

  • 課題に合わせたナレッジ、知識が得られます!

今すぐ無料診断する

client クライアント

TOP

ページトップへ戻る

たった3分。
DX無料診断