株式会社 三好商会

2月の文房具クイズの答え

質問
消しゴムが誕生するまでに、文字を消すのに何が使われていたでしょうか?

答え
パン

解説&豆知識
かつてはパンが使われていたが、1770年、イギリスのジョゼフ・プリーストリーが、ブラジル産のゴムに紙にかいた鉛筆の字を消し去る性質があることを発見したのが始まりです。
1772年頃にはロンドンで市販されており、「rub out(こするもの)」と呼ばれました。これが現在ではゴム一般を意味する英単語ラバー(rubber)の語源です。
現在でも、デッサンする人の中にはパンを消しゴムとして使う人がいるようです。
(出典:Wikipedia)

 

 

◆問題

シャープペンシルの一般的な英語は?

 

◆答え

メカニカルペンシル

 

~解説~

英語でメカニカルペンシル(mechanical pencil)と呼ぶのが一般的です。

ちなみに、ボールペンは英語でボールポイントペン(ball-point pen)、鉛筆は(pencil)、万年筆はファウンテンペン(fountain pen)です。

(出典:文具知識能力検定問題集)

2018/01/05 | カテゴリー: お知らせ